お年寄りは便秘になりがちなとなるはずです。お年寄りの便秘でしたら、慢性の便秘が続くようなのですが、その理由は、弛緩性の便意と便秘になってしまいがちな薬を常に飲んでいる事が原因で慢性の便秘になりやすいだといえると思います。大体お年寄りの3分の一は便秘に悩んでいるかもしれません。便秘は年をおうごとに増えていく蛍光にあるといわれています。年をとるとなぜ便秘になりがちなのかと言いますと、年をとると腸の感覚が鈍くなるみたいです。それにより、排便する運動が起こりにくくなって、便秘になるだといえるでしょう。 またお年寄りは運動不足も便秘の原因となるに繋がるかもしれません。運動不足になったら腸が動きないのですからその為に便秘になりやすくなってしまいます。お年寄りがいる家庭や看護している場合には、出来るだけ便秘の解消をするような食生活にしてあげたり、牛乳を飲んだりして食習慣の面でお年寄りの便秘の解消に努めないといけないだと言えるでしょう。お年寄りの便秘は、若い頃、便秘に悩んでいなかった人でも便秘になるではないでしょうかから出来るだけ運動不足の解消と、便秘になりにくい食品を食べるように気をつける必要があるはずです。お年寄りで寝たきりにおちいった場合は腸が動かずに便秘になる事が多いでしょうがその場合も出来るだけ食物繊維の多いものを食べさせてあげましょう。